禁忌品とは

   
禁忌品とは
 
リサイクルに出すときは「禁忌品」を、混ぜないで!

禁忌品とは、「製紙原料にならない異物」のこと。
紙製品の再生の妨げとなるので、必ず取り除き分別して出してください。

禁忌品は以下のものです。他の紙に混ぜないよう気をつけてください。

●粘着物のついた封筒

●防水加工された紙
(紙コップ、紙皿、紙製のカップ麺容器、紙製のヨーグルト容器、油紙、ロウ紙など)

●裏カーボン紙、ノーカーボン紙
(宅配便の複写伝票など)

●圧着はがき
(親展はがき)

●感熱紙
(ファックス用紙、レシートなど)

●印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙、感光紙
(青焼きコピー紙)

●プラスチックフィルムやアルミ箔などを貼り合わせた複合素材の紙

●金・銀などの金属が箔押しされた紙

●捺染紙<なっせんし>
(昇華転写紙、主に絵柄などを布地に加熱してプリントする際に使われる紙)

●感熱性発泡紙
(主に点字関係で使用されているもので、熱を加えたところが盛り上がる紙)

●合成紙
(選挙の公示用ポスター・投票用紙など。プラスチックで作られているので、正確には紙ではない)

●臭いのついた紙
(石鹸の個別包装紙、紙製の洗剤容器、線香の紙箱など)

●水に濡れた紙、油のついた紙、使い終わったティッシュペーパーやタオルペーパー、食品残さなどで汚れた紙

-紙以外-

●粘着テープ類

●ファイルの金具

●フィルム類

●ワッペン類

●ガラス製品

●発泡スチロール

●セロハン

●プラスチック製品

●布製品
<<株式会社新井商店>> 〒121-0056 東京都足立区北加平町8-26 TEL:03-3605-7031 FAX:03-3605-6086